仮想通貨取引所ABCCの説明書|運営が優秀と話題

スポンサードリンク

LINEで送る

こんにちは。トンパです。

 

日本の取引所はあんまりいいニュースや話題が無い中、海外取引所は話題になりがちですね。

その中でも独自の取引所トークンを持っている取引所はとても話題になってました。

 

その一つである、ABCC仮想通貨取引所について、紹介していきたいと思います。
(FCoinとの比較も含めて)

ABCC取引所ってどんな取引所

ABCC取引所の概要

2018年4月にオープンした新興の配当系取引所になります。

拠点:シンガポール

CEO:カルビン・チェン

アドバイザー:Dr. Michael Frendo

出資企業一覧の中にはバイナンスへ出資する企業(Funcity)の会長が在籍。

 

 

CEOのカルビン・チェンは元国会議員でビジネスキャリアもそれなりにある方になります。

 

2018年1月には、中国の取引所BTCCを買収したファンドの顧問を務めています。

ですので、取引所の運営に係る情報やノウハウ(セキュリティー対策・マーケティング等)を持っていると思われます。

 

アドバイザーのDr. Michael Frendoは、マルタ共和国の元外務大臣です。

マルタ共和国は仮想通貨大国として有名ですよね。

 

2018年に、BINANCE(バイナンス)、OKEx(オーケーイーエックス)など、海外の大手といわれる仮想通貨取引所は、マルタ共和国に拠点を移しました。

 

ABCC取引所もDr. Michael Frendoが顧問という事は、拠点を移す可能性もあるかもしれないですね。

 

拠点をマルタに移すメリットとして、税率がとても低く仮想通貨関連の法整備が整っております。

その為、仮想通貨関連の会社は経営を維持しやすく会社の拡大に集中し仕事できるのではないでしょうか。

 

海外取引所は今でも沢山乱立していて、ちゃんとした取引所を探すのが難しい中、この取引所はかなりまともという印象を受けました。

 

仮想通貨取引所ABCCの特徴

取引所トークン(AT)を保有しているユーザーに対して、利益の80%が配当する取引所になっております。

ATに関しましては後ほど、後述させていただきます。

 

運営チームが有名で実力ある方が多く、今後とても期待出来る取引所ではあると思います。

 

取扱い銘柄に関しましては、まだBINANCEほど多くはないです。

ただそれなりに揃っており開発スピードも速く今後どんどん増えていくことが予想できます。

 

また最近話題の取引マイニングも可能となっております。

取引マイニングとは、普通に取引をしているだけで独自トークンAT(ABCC Token)がもらえる仕組みです。

 

ATトークンって何?

ATトークン

•発行枚数:2.1億枚

•仕様:ERC20トークン

 

ATトークンを保有するメリットとして

・取引所の利益(80%)が配当される

・ハービングシステムを設けている

 

まずひとつずつ説明していきたいと思います。

取引所利益の配当の仕組みは、これはシンプルにAT保有量によってATが分配されます。

 

ハービングシステムとは

120日間ごとに半減・制限を設けている。

それによりトークンの希少性が生まれたり、早く参加した方が有利となる仕組みになっています。

 

ここまで読んで、これってあれに似てない?っておもいましたよね。

そうです、FCoin取引所のFTです。

 

配当系トークン王者FCoinとの違い(比較)

ここでは、ABCCとFCoinの違いを簡単に説明していきたいと思います

ABCC,FCoinは両者とも配当率は「80%」で配当率は同じです。

 

発行枚数

FTは「30億枚」に対しATは「2.1億枚」

 

ユーザーが取引にて支払う手数料の配当方法に少しの違いがあるようです。

大きな違いはないのでそこまで、気にしなくてもいいかもしれません。

 

一番の違いですが、ATにはハービングシステムがあります。

これにより、希少価値が生まれ価値の向上していく仕組みが組み込まれていますね。

 

注意点

取引所トークンはばば抜きみたいな所があり、全力で投資するのはすこしリスクがあります。

値動きが激しく、高騰する事もあれば暴落する事があります。

 

その点を頭にいれて購入する際は検討してみてください。

ただ、直接買わなくてもATトークンは取引マイニングにて取得できます

 

その方法で集めていくのがリスクは少ないので、いいのかなと思います。

 

取引マイニングは取引をしなければ発生しないので、短期トレードが得意な方にはとても向いています。

 

しかし取引する際に手数料(0.1%)取られますので、その辺は気をつけてトレードしてください。

 

ATがもらえても、元の資産が減っていったら本末転倒ですもんね。

その辺をふまえた上で、取引マイニングは活用ください。

 

取引所(ABCC)の登録について

本人確認(KYC)を未設定でも使えますが、1日出金限度額が「2BTC」になるとの事です。

KYCの設定をする事で「200BTC」まで限度額が上がります。

 

最新情報

公式Twitterやテレグラムから入手するとよいと思います。

 

 

まとめ

ABCC取引所のAT(ABCC Token)に注目されがちですが、運営チームはしっかりしてますし、先見力もありマーケティングもかなりアクティブにやっている印象です。

 

BINANCEのように今後大手といわれる日も近いのかなと感じます。

スマホアプリも8月にリリースされました。

 

ぜひ登録して使ってみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です