coincheck(コインチェック)アプリにある仮想通貨を調べてみた!その③

スポンサードリンク

LINEで送る

こんばんは!

トンパです!

 

今回はコインチェックに上場してる

コインを調べてみたその③になります!

 

f:id:tmp-np:20170708143225p:plain

 

 

Ripple(XRP)について

◆どんなコイン?

「Ripple(リップル)」はカナダのウェブ開発者ライアンフーガ―(Ryan Fugger)によって考案され、2004年に誕生しました。

最大の特徴は「ブリッジ通貨」としての機能に特化した決済システムにあります。「ブリッジ通貨」とは、日本円、米ドル、ユーロ、中国元、仮想通貨など様々な通貨との橋渡し役となれる通貨のことで、通貨間の両替をスピーディーかつ円滑に決済できるシステムです。

 

◆将来性は?

リップル」の2017年7月時点での市場規模は約98億ドルで、世界第3位の市場規模となっています。

2014年にはGoogleの子会社であるGoogle Venturesが出資をしたことが話題になりました。また、2017年3月には、三菱東京UFJ銀行が米欧豪の大手6行と連携して2018年初から導入予定である国際送金サービスに、リップル社が技術提供を行うという発表もあり、価格が上昇しました。

いま最も将来性が期待されている通貨のひとつといえるでしょう。

 

◆まとめ

リップル」は昨今、銀行業界からの注目も高い仮想通貨です。仮想通貨としての魅力はもちろん、即時決済や手数料の値下げなど銀行取引の利便性向上にも期待しましょう。

 

NEM(XEM)について

◆どんなコイン?

「NEM(ネム)」は、bitcointalk.orgという組織のフォーラムにおいてutopianfutureという人物(ハンドルネーム)により提唱され、2015年に誕生しました。

イーサリアム同様、「ネム」は正しくはブロックチェーンプロジェクトの名前で、このプロジェクトによって発行された仮想通貨がXEM(ゼム)です。

「ネム」は、PoI (Proof-of-importance)という仕組みにより、セキュリティを構築し、ビットコインよりも、マイニングでネットワークの維持のための電力をあまり消費しないといわれています。

 

◆将来性は?

「ネム」の2017年7月時点での市場規模は約15.7億ドルで、世界第6位の市場規模となっています。

トップ5にいまひとつ届かない位置ではありますが、2017年6月にはXEMのブロックチェーンプロジェクトを推進するNEM.io財団がグローバルな事業拡大を目的としたBlockchain Globalとの提携を発表するなど、好材料も出てきました。まずはマレーシアのクアラルンプールでのブロックチェーンセンターの開設や、2018年にはグローバル展開プログラムへの資金提供も予定されているようです。

 

◆まとめ

「ネム」は、現在進んでいる業務提携の実現次第では今後シェア拡大の可能性もあるでしょう。今後の動向が注目されます。

 

DASH(DASH)について

◆どんなコイン?

「DASH(ダッシュ)」は2014年に誕生し、匿名性の高さと即時決済に優れた仮想通貨といわれています。2015年に「Darkcoin(ダークコイン)」から現在の「DASH」へ改名されました。

「Darksend」という形式により送金情報が匿名化されています。また、「InstantX」といわれる機能により、決済の承認スピードは約4秒という点も優位性があります(ビットコインは約10分)。そのほか、「DASH」独自の多くのアルゴリズムを採用しているのも特徴です。

 

◆将来性は?

「ダッシュ」の2017年7月時点での市場規模は約14.4億ドルで、世界第7位の市場規模となっています。

2017年にBlockPay(ブロックチェーンペイメント事業を展開)における「ダッシュ」導入が決まったことも追い風になり、一時価格が急騰しました。今後もこのように利便性が向上していけば、ビットコインにはない匿名性と決済スピードが評価され、「ダッシュ」がシェアを伸ばしていく可能性もあるでしょう。

 

◆まとめ

匿名性と決済スピードに強みをもつ「ダッシュ」ですが、このようなビッドコインにない優位性を市場がどう評価していくのか、注目されます。

 

インチェック登録

 

ここから登録できます!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

その①はこちら

(Lisk,Factom,Moneroについて書いてます)

www.xtmpxvc.com

 

 その②はこちら

(Augur,Zcash,Litecoinに書いてます)

www.xtmpxvc.com

  

 

その他の取引所についてはこちら

 

www.xtmpxvc.com

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です